.

女性は、自分が一番イケていた頃の化粧方法を続けてしまうそうです。 例えば、バブルの頃に、イケイケだった女性は、メイクがいまだにバブルのころのものだったりする、というわけです。 自分の脳内での、イケてる自分と、今現在の時代遅れのメイクをした自分とにかい離がおこっているということですよね。 おそらく、客観的に自分をみることができるなら、時代遅れのメイクの変さに驚愕して、改善しようとするはずですから。 とはいえ、今は昔より化粧品も機能的になっていたりするので、なぜ昔の時代のままでメイクが固定できるのか逆に不思議な気もしますが。 そのときそのときに合わせて、臨機応変に今の時代のメイクに対応するには、今の時代の化粧品を利用することもいいですよね。 つけまつげもそんな化粧品の代表かもしれません。 自分のイケてる時代にはつけまつげを付けていなかった人は、つけまつげをつけることに躊躇するかもしれませんが、自然につける方法もあるので、トライするというのもいいかもしれませんね。